光源氏と夕顔
光源氏にまつわる女性達

母である「桐壺更衣」をはじめ、12歳で結婚した「葵の上」、
源氏最愛の妻「紫の上」、源氏の子を産んだ「藤壺」、
そして、「明石の君」、などなど
多くの女性達が光源氏にかかわりを持つ中私は、この夕顔にスポットを当ててみました。
「夕顔」

頭中将の元恋人
隠れ住んでいた住まいの夕顔の花が縁で、源氏が忍びで通う仲に、
夕顔は、源氏の正体を知り、物の怪によって他界している
はかない夕顔の恋。

光源氏」
方ひざを突き夕顔に手を
差し伸べています。

 高さ38cm

『源氏物語』の主人公
生まれながらの王朝貴族、
年上ばかりとのラブロマンスに少々お疲れ気味の時に
19歳と歳も近い夕顔とであって恋に落ち
突然の惨劇になすすべもなく秘めた恋の辛さを痛感する...

52才で出家するまでの16人の女性との愛と悲しみの人生。
「屏風」
高さ60cm、横幅100cm

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO